次回のご案内


第55回韓日歴史・文化フォーラム


いまに生きる百済王伝説

宮崎県美郷町の師走祭りを手掛かりに ―

 

 日本の古代王朝との交流で知られる朝鮮半島の百済王朝ですが、宮崎県に百済王伝説が伝わっています。半島から日向に逃れてきた禎嘉王とその家族は、地元豪族の応援を受けて追討軍と戦うものの、禎嘉王は戦死してしまいました。これを哀れんだ地元の人々は、禎嘉王は神門(美郷町)に、息子の福智王は比木(木城町)に社を建てて神として祭ったというのです。

 

 美郷町で営まれる「師走祭り」(今年は1月17日~19日)は百済王父子が1年ぶりに対面するまつりと伝わっています。伝説を基に同町が「百済の里づくり」や韓国との国際交流に乗り出し、30年以上がたちました。

 

 伝説の背景にどんな歴史や地域性があるのでしょうか。講師に渡来人伝説研究の逵志保さんを招き、民俗学的アプローチから解き明かしていただきます。

 

講師略歴

1967年東京生まれ、愛知県あま市在住

愛知県立大学講師、魯東大学(中国山東省)兼職教授

西の正倉院みさと文学賞特別審査員(宮崎県美郷町)、日本徐福協会顧問

著書に『日本神祠に祀られた韓国の神』(韓国、共著)、『徐福論』、『枝下用水史』(共著)ほか


日 時:2020年2月5日(水) 18:00開演(17:30開場・受付開始)

場 所:愛知韓国人会館 2階 講堂

    名古屋市中村区井深町16-17

    地下鉄東山線「亀島」駅 1・2番出口より徒歩1分

参加費:500円 ※資料・会場代として

定 員:150名 ※要申込

主 催:韓国民団愛知県本部/韓日歴史・文化フォーラム実行委員会

後 援:在外同胞財団/駐名古屋大韓民国総領事館

お申込み・お問合せ:

    韓国民団愛知県本部

    TEL.052-452-6431/FAX.052-452-1716

               E-mail:jigyoアットマークmindan-aichi.org 又は お問合せフォーム


【第54回 案内・申込書 ダウンロード】


ダウンロード
第55回 案内・申込書
55 案内.pdf
PDFファイル 454.5 KB

【講演会場】



韓日歴史・文化フォーラムとは


 韓日歴史・文化フォーラムは、2004年に退任した柳洲烈(ユ・ジュヨル)元駐名古屋韓国総領事が、2001年11月からほぼ毎月開いていた「韓日歴史座談会」を継承・発展させようと、7人の有志が呼び掛け人となって始まりました。
 3ヶ月~4ヶ月に一度の割合で、韓半島の歴史・文化などこの地方でも縁のある題材を中心に、その分野では著名な講師を招き開催しています。